HTML5 WebStorage localStorage or sessionStorage

webStorageには永続的なデータとしてlocalStorageがあり、一時的なデータとしてsessionStorageがあります。
sessionStorageはブラウザが起動している時だけデータを保持し、localStorageはブラウザを閉じてもデータは保持された状態になります。

利用方法 – 保存時

<script type="text/javascript">
localStorage.foo ="bar";
localStorage["foo1"] = "bar";
localStorage.setItem("foo2","bar");
</script>

 利用方法 – 取得時

<script type="text/javascript">
bar1 = localStorage.foo;
bar2 = localStorage["foo1"];
bar3 = localStorage.getItem("foo2");
</script>

削除時

localStorage.removeItem("foo");

全削除

localStorage.clear();

なお、保存されるデータはString値なので、Objectの値は注意が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です