Groonga 日本語全文検索エンジン

Groonga Storage Engine のインストール備忘録。
環境:CentOS 5.5

インストールディレクトリは/optを基準とする。

まずはMySQLのインストール
下準備でgcc-c++などが必要。
ここではyumで入れる。


#yum install gcc-c++ libtermcapp libtermcap-devel

次にMySQLのコンパイル作業

#./configure --prefix=/opt/mysql-5.1.57 --with-charset=utf8 --with-collation=utf8_general_ci --with-mysqld-user=mysql --with-zlib-dir=/usr --with-plugins=innodb_plugin,heap
#make
#make install

次にmecabのインストール。下記URLからmecab本体と、辞書ファイルをダウンロード。
http://mecab.sourceforge.net/
各ファイルはwgetで取得。

#wget [ダウンロード先]
#tar xvzf [ダウンロードファイル].tar.gz

Groonga 本体のインストール

#./configure --prefix=/usr --localstatedir=/var --with-mecab --with-mecab-config=/opt/mecab-0.98/bin/mecab-config && make && sudo make install

Groonga Storage Engineのインストール

#env PKG_CONFIG_PATH=/usr/lib/pkgconfig ./configure --with-mysql-source=/usr/local/src/mysql-5.1.57 --with-mysql-config=/opt/mysql-5.1.57/bin/mysql_config
#make
#make install
#ldconfig

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です