CentOS6.4 & FastCGI & Apache2 & PHP5.3

FastCGIとnginxが主流ですが、業務でApacheが必要だったので、そのメモ。

まずPHPをインストール。ここでは5.3.25を利用。

# ./configure –prefix=/opt/php-5.3.25 –enable-fpm ~お好きなぷしょん~
# make
# make install

–enable-fpmを忘れずに。そしてapacheモジュールとしてPHPを動かすわけではないのでapxs2を指定しないこと。
apxs2を指定してしまうとapacheモジュールになってしまいます。

そして、Apache2で動かすためmod_fastcgiをダウンロード

# wget http://www.fastcgi.com/dist/mod_fastcgi-2.4.6.tar.gz

mod_fastcgiのディレクトリにインストール方法が書いてあるのでそれを読む。
Apache2系の場合はMakefile.AP2をMakefileにリネーム。

# cp Makefile.AP2 Makefile

makeを実行するときはapacheのインストールディレクトリを指定する必要があるため64bit版の場合下記のように指定。

# make top_dir=/usr/lib64/httpd/
# make top_dir=/usr/lib64/httpd/ install

インストールがが終わったら。httpd.confを修正

ScriptAlias /cgi-bin/ /home/homepage/cgi-bin/

LoadModule fastcgi_module /usr/lib64/httpd/modules/mod_fastcgi.so
<IfModule mod_fastcgi.c>
ScriptAlias /cgi-bin/ /home/homepage/cgi-bin/
FastCGIExternalServer /home/homepage/cgi-bin/php-fpm -host 127.0.0.1:9000
AddHandler php-fastcgi .php
Action php-fastcgi /cgi-bin/php-fpm
</IfModule>

PHPのソースディレクトリからサービスとして起動するための起動スクリプトとphp-fpmの設定ファイルをコピー

# cp /usr/local/src/php-5.3.25/sapi/fpm/init.d.php-fpm /etc/init.d/php-fpm
# chown 755 /etc/init.d/php-fpm
# cp /opt/php-5.3.25/etc/php-fpm.conf.default /opt/php-5.3.25/etc/php-fpm.conf

そして最後に起動順、
1:FPMを起動
2:httpd(apache)を起動

# service php-fpm start
# service httpd start

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です