Apple MusicとiCloudミュージックライブラリー

iOS8.4からサービス開始となったAppleMusicですが、ようやく仕組みが理解できました。
まあ調べてもいなかったんですが。。。

このiCloudミュージックライブラリーがポイントなんですね。。

iOS とiTuneにあるiCloudミュージックライブラリーをオンにした場合とオフにした場合を図で解説。

iCloud ミュージックライブラリー オン

iCloud ミュージックライブラリー オン

iCloudミュージックライブラリー オフ

iCloudミュージックライブラリー オフ

簡単ですが上の図ののような動きになるようですね。

つまりAppleMusicを使い好きな曲をストリーミングではなくダウンロードして聞きたい場合は、iCloudミュージックライブラリーをオンにする必要があるのですね。

ただその場合に母艦のiTuneに入っている音楽をUSBケーブルなどを使い既存の同期方法で同期を行おうとするとiTuneの画面に「iCloudミュージックライブラリーで管理されています」的な内容が出てきて同期できません。
つまり、音楽全てiCloudでの管理にしなければならずローカルに存在している音楽をiCloudにアップロードしなければならないのです。

ま、アップロードして聞けばいいじゃんとなるのですが、アップロードしたのであればダウンロードしなければならず、ちょっと面倒。。。
しかも、他所でも話題になっていますが、iCloudミュージックライブラリーで管理されている曲は自分で購入した曲(CDからのリッピングなど)であってもDRMが付与されてしまいます。

なのでUBiOなど、DRM非対応のプレイヤーでは再生ができない。。。
しかも!Aplpleロスレスなど非圧縮もしくは低圧縮など高音質でエンコードしている場合はiCloudミュージックライブラリーにアップロードされるときに全て圧縮されてしまいます・・・。

ということで自分はDRM非対応プレイヤー・Appleロスレスでエンコードしている曲が多いため「iCloudミュージックライブラリー」をオフにして使っています。Apple Musicは自宅でWIFI時にストリーミングしながら聞いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です